読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すだっちのコージーライフ(cozy life)

周りから「女子より女子力が高い」とよく言われる「すだっち」こと須田祐樹です!健康やダイエット、病気や加齢対策など、自分で実践したり、周りが実践して効果があった為になる内容を書いていきます(*'▽')

スポンサードリンク

アレルギーやアトピー性皮膚炎の一因はこんな食べ物にもあった!?アトピー性皮膚炎を悪化させる気を付けるべき食べ物と効果的な食べ物

健康 記事一覧

こんにちは!「すだゆう」こと須田祐樹です(*'▽')

いつもブログを見に来て下さり有難うございます(*´ω`*)

 

近年激増しているアレルギーやアトピー性皮膚炎。現代の生活習慣病の1つとも言われています。

f:id:selvege:20170307201231j:plain

アトピー性皮膚炎は見た目が悪くなるだけでなく、当事者にしかわからない耐え難いかゆみが伴います。

僕も以前はアトピー性皮膚炎の患者でしたが、食事療法や薬を併用することで現在は完治しています。(恐らく・・・(笑))

今回のブログではその食べ物に着目したいと思います。

 

 

まずは結論!

結論から言いますとアトピー性皮膚炎緩和に良い食事は昔ながらの日本の味、和食です。

f:id:selvege:20170307201238j:plain

和食には皮膚を健康な状態に保つビタミンやミネラル、たんぱく質や脂質、炭水化物などがバランスよく含まれています。

近代の日本では、欧米化した食生活が原因でアトピー性皮膚炎の患者が急増しています。

その理由の1つは意外にも植物性油です。植物油を含んでいる欧米食の代表として挙げられるのがから揚げやハンバーグですね。野菜炒めなどにもそうですが、これらには多くの植物油が使われています。これらは非常に食欲をそそる美味しい食材ですが、植物油は肌のコンディションを悪化させる要因になります。

 

こんな食べ物にも「油」が使われているの!?

じゃあ油を減らしたサラダ中心の生活をすればいいのか!と思うかもしれませんが、ちょっと待って下さい!!

f:id:selvege:20170307201244j:plain

普段何気なく食べる食材の中にも、アトピー性皮膚炎に良くない植物油が含まれていることが多いです。マーガリンやマヨネーズなどのドレッシング類に含まれるオメガ6系と呼ばれる脂質を過剰摂取してしまうと、体内に炎症反応を起こす原因にもなります。ですのでオススメはノンオイルタイプをドレッシング類です。

レトルトカレーを含むインスタント食品にも油や添加物などが大量に含まれていますので、これらの物質が消化の妨げになり、免疫力の低下につながり、アトピー性皮膚炎を発症する引き金にもなりかねません。

 

その他にもスナック菓子、ファーストフード、インスタント食品、コンビニ弁当、砂糖、揚げ物、ドーナツ、炒め料理、ブラックチョコレートなどにも添加物や酸化したオイルが含まれていますので、アレルギー誘発の原因にもなりますので、控えめに摂取するようにしましょう。

 

f:id:selvege:20170307201251j:plain

一方、青魚に含まれるEPAやDHAなどのオメガ3系の脂質(魚油)はアレルギー反応や肌の炎症を抑える働きがあります。EPAやDHAはアレルギー反応を抑制するために使うステロイドと効き目が酷似しています。

 

DHAとEPAの効果を具体的に知ろう

DHA

DHAの代表的な働きとしてオリコトリエントとプロスタグランジンと呼ばれる炎症要因になるサイトカインの生成を抑制する働きがあります。アレルギーの一種である花粉症の治療法の1つにDHAを投与したり、DHA入りの石鹸で肌のコンディションを改善する方法もあるぐらいです。

EPA

EPAはジクロオキシゲナーゼ、リポキシゲナーゼに代表される酵素を抑制する効果があります。これらはプロスタグランジンと呼ばれる炎症の原因になる物質の合成に使われています。これらを抑制することで、炎症部に侵入した白血球から出される色々な生体反応を抑える化学物質である生理活性物質を抑制することが出来ます。これによりアレルギー反応の要因になる酵素を抑制する事が可能となります。

このように、EPAとDHAには健康維持効果や脳の活性効果だけでなく、アレルギーの抑制・緩和効果もあることがわかっています。EPAとDHAが多く含まれる青魚を積極的に食べるよう意識したり、サプリメントで摂取することも大切です。

 

頻繁に摂取して良いたんぱく質は魚介類と大豆製品を含む豆類です。肉類は控えめに食べ、肉類を食べる際はその約3倍の野菜を摂ることが推奨されています。野菜としては緑黄色野菜からきのこ類、海藻類など、ほとんどの野菜は問題ありません。

油やたんぱく質を控えめにした食事はアレルギー体質に変えてしまうアラキドン酸を減少させることにも繋がります。(アラキドン酸は肉類に多く含まれています。)

 

植物油の代わりにこのオイルを!

植物油の代わりに使われるオリーブオイルはアレルギー性皮膚炎やアトピーには影響がないとされています。オリーブオイルの主成分は参加しにくいオレイン酸です。オレイン酸は悪玉や善玉のどちらにも属さないとされているオイルで、若干効果ですが最近は注目されています。

 

 

その他に注意しなければならない食材

・牛乳

栄養満点でカルシウム豊富な牛乳ですが、体が求める以上の過剰摂取はホルモンバランスを崩しかねません。特に成長期の子供さんには注意が必要です。

 

・フルーツ

ビタミンやミネラルの宝庫であるフルーツです。適量を摂取することは大変免疫を高めるのにも役立つのですが、昔と比べるとフルーツも甘みが増すように作られていますので、過剰摂取により、果糖を摂りすぎてしまいます。糖分は実は体内の悪玉菌やカンジダ菌のエサになっているのです。筑波大学の研究によるとカンジダ菌の増殖はアトピーや喘息疾患が増えるという結果が報告されています。

 

 最後に

ある食材だけを過剰に摂取する偏食も、体の免疫力を低下させ、アレルギー因子を持っている人の発症の原因にもなりかねません。バランスの取れた食事を心掛けて下さいね。