読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すだっちのコージーライフ(cozy life)

周りから「女子より女子力が高い」とよく言われる「すだっち」こと須田祐樹です!健康やダイエット、病気や加齢対策など、自分で実践したり、周りが実践して効果があった為になる内容を書いていきます(*'▽')

スポンサードリンク

ソイジョイはなぜダイエットにいいの?注意しなければならない点も!

ダイエット 記事一覧

こんばんは!「すだっち」こと須田祐樹です(*´ω`*)

 

今日はコンビニやスーパー、どこでも気軽に購入でき、どこでも簡単に食べることが出来るSOYJOYを使ったダイエットに関してお話ししようと思います。

f:id:selvege:20170307224054j:plain

(http://seasonitems.com/archives/231)

このソイジョイはカロリーメイトの販売元の大塚製薬が2006年に「大豆の新ケイタイ」として販売を開始しました。

発売当初はカカオレンジやレーズンアーモンドなどの4種類の味しか販売されませんでしたが、今ではさまざまな味を楽しむことが出来ます。

 

SOYJOYの特徴

f:id:selvege:20170307224104j:plain

 

ソイジョイの特徴は糖質を多く含む小麦を原料にしているのではなく、その名の通り大豆を主原料にして作られています。そのためソイジョイの中の糖質は小麦の約16%と言われています。

また、たんぱく質や食物繊維も豊富に含まれており、大豆の代表的成分の大豆イソフラボンも多く含まれています。

 

ソイジョイは低GI値食品とも呼ばれていて、肥満や糖尿病のリスクを軽減する効果もあります。血糖値上昇を抑制したり、脂肪の蓄積も防止してくれます。

 

GI食品??

このGIとはGlycemic Index(グリセミックインデックス)の略式で食後における血糖値の上昇を表すものです。いかに食品中の糖質を吸収しやすいかということを表す言葉なんですね。

2003年には低GI食品が現代病の1つである「メタボリックシンドロームや肥満、糖尿病の発生を低減させる可能性がある」と発表され、非常に注目を浴びています。

多くの糖が体内に入ると脂肪合成を促進し、脂肪分解を阻止するインスリンが非常に多く分泌されます。

高GI値の食品は血糖値を一気に上昇させ、インスリンが大量に分泌されます。一方、低GI食品は糖の吸収が穏やかになり、血糖値もゆっくりと上昇するため、インスリンの過剰分泌を抑制することもできます。

 

最も人気のあるSOYJOYダイエット法

置き換えダイエットと注意点

f:id:selvege:20170307224115j:plain

 

ダイエット成功者の中で最も人気のあるダイエット方法が「朝食置き換えダイエット」です。

朝食をソイジョイに置き換えることによって、たんぱく質、食物繊維そして大豆イソフラボンなどの栄養素をバランスよく摂取でき、また朝食に食べることで一日の基礎代謝、新陳代謝を上げ、カロリー消費を促します。

ただし、ビタミンやカルシウムなどの栄養素は十分には入っていませんので、朝食以外の昼食や夕食でこれらの栄養素を積極的に摂取する必要があります。

中には2食ないし3食ともソイジョイに置き換える人もいますが、これは非常に危険です。確かに低カロリー低GI食品であるソイジョイを食事の代わりに食べるのは、減量に対して非常に効果的ですが、過度な置き換えダイエットは我慢やカルシウム不足からのストレスで、減量成功後の食欲を促進してしまう可能性が高く、リバウンドの確率がグンと上がってしまいます。また、栄養素の偏りにより肌のコンディションも悪化させてしまいます。

間食の代わりにソイジョイを食べる方法も効果的ですが、やはりカロリーはカロリーですので、量に注意して摂取するように心掛けましょう。

 

人気のある朝食レシピ

f:id:selvege:20170307224123j:plain

 

非常に簡単なレシピですが、これもダイエット成功者の中では定番のレシピとなります。

13種類もの味のあるソイジョイですが、やはりソイジョイだけでは飽きが来ます。ですのでヨーグルトの上に小さく切ったソイジョイをトッピングします。ここに少量のはちみつを追加しても美味しく食べることが出来ます。

ソイジョイの効果にプラスして、ソイジョイでは補えないカルシウムも同時に補給でき、胃腸にも優しい乳酸菌も同時に摂取することが出来ます。ここにお好みでビタミンを多く含んでいるフルーツをトッピングしてみても良いですね!

 

f:id:selvege:20170307224132j:plain

(大塚製薬)

 

食感が飽きた人はクリスピータイプも販売されているので、そちらも試してみて下さいね!

 

ソイジョイカロリーコントロール80

f:id:selvege:20170307224139j:plain

(大塚製薬)

 

なんという事でしょう!!

一般的なソイジョイはカロリーが120キロカロリー前後ですが、このソイジョイは脂質が若干低めになっていますが、1本80キロカロリーと非常に低カロリーです。

栄養補給が目的ではなく、カロリー制限が目的なら、こちらのソイジョイがオススメです!ちなみにカロリーメイトは1本につき100キロカロリーです。

 

水を同時摂取で効果倍増

f:id:selvege:20170307224148j:plain

 

ソイジョイを食べる時に水分も多めに摂取するようにしましょう。ソイジョイの中の大豆は吸水力に優れていますので、水分を同時に摂取することでソイジョイがかなり膨らみ、満腹感が持続しやすくなります。

 

水分はダイエットの味方

上記のように、ソイジョイが水分を吸収して満腹感を促進してくれる効果もあるのですが、水にはダイエットに優しい効果もあるんです。それを少しだけ見てみましょう!

 

むくみ解消

女性に多い悩みである「むくみ」。下半身にむくみが出る女性も多いと思います。これは主にリンパの流れが悪くなることから起こっていると言われています。水分を摂ることでリンパの流れを良くし、老廃物の排出(デトックス効果)を促します。セルライトを除去するのにも役立と言われていますよ。

 

便秘解消

これも特に女性に多い悩みですね。体に不要な便が何日も体内に残っている状態は、新陳代謝を下げるだけでなく、肌荒れなどの他のトラブルの原因になります。水分を多めに摂取することで便を柔らかくし、便秘解消にも役立ちます。人が1日に必要な水は2~4リットルと言われていますので、積極的に摂取しましょうね。

 

代謝アップ

水を多く飲むことで血液がサラサラになります。(リンパの流れも良くなります。)血液は体中に酸素などの大切な栄養素を運搬しています。血液がドロドロだと酸素や栄養素が体中に行きわたらず、また、各部の老廃物も除去できずに代謝が落ちてしまいます。代謝が落ちている状態でダイエットに挑んでも、100パーセントの効果を発揮しません。

きっちり水分を摂ることはダイエットをする上でも必要な新陳代謝をアップすることにも繋がり、運動でも消費するカロリーをアップする事ができます。

 

さいごに

同じ大塚製薬から販売されているカロリーメイト(4本入り)と比べると、ソイジョイは1本入りなので、若干値が張る気もしますが、含まれている成分はまた異なりますので、栄養補給ならカロリーメイト、ダイエット目的ならソイジョイを選んでもいいと思いますよ(*´ω`*)

あっ、それと軽い運動も忘れずにっ!

 

以上、すだっちでした(*'▽')