すだっちのコージーライフ(cozy life)

周りから「女子より女子力が高い」とよく言われる「すだっち」こと須田祐樹です!健康やダイエット、病気や加齢対策など、自分で実践したり、周りが実践して効果があった為になる内容を書いていきます(*'▽')

スポンサードリンク

裏話!?フードファイターには隠された秘話が・・・太らないフードファイター

こんばんは!「すだっち」こと須田祐樹です(*´ω`*)

 

今回は日本独特と言っても過言ではない大食い選手権に出場するフードファイターたちについてお話ししますね。

 

ギャル曽根さんと言えば大食いで超有名で、今や知らない人の方が少ないんじゃないでしょうか?

以前では海外でも盛んに大食い選手権の番組放送が行われていたのですが、早食い、大食いによりフードファイターが死亡してしまう事故が発生し、それ以降、世界では大食い番組が規制されていると言われています。

仮に一般の人があれだけの量を食べるとどうなってしまうでしょうか?結果は明らかで、カロリー過多になってしまい、確実に太ってしまいます。

ではなぜ彼らはあれだけのカロリーを摂取しては太らないのでしょうか?

 

血糖値が上がらない

フードファイターの中には血糖値の上昇を促進するインスリンの分泌量が少ない人があります。これによって糖の吸収が抑制され、血糖値がほとんど上がらず食べたものが吸収されにくくなっています。

 

弁の緩み

一般の人は胃や腸の消化器官には食べ物が自由に動かないように「弁」がついています。これらが正常に機能する事によって、食べ物が各消化器官に一定時間とどまり、徐々に消化吸収されるのです。一方フードファイターの人たちはこの弁がかなり緩くなっています。それにより長時間消化器官にはとどまらず、栄養素があまり吸収されずに排出されます。

 

これらがフードファイターに共通している特徴です。

ですが、これ以外に意外な裏話があります。

 

裏話

f:id:selvege:20170505151014j:plain

テレビでよく見るフードファイター大食い選手権。ですが、インスタグラムやフェイスブックではその状況がアップされることはほとんどありません

なぜかと言うと、大食い大会を見学しに来た人々はカメラや携帯の使用を禁止されているからです。

 

その理由としてはフードファイター嘔吐シーンを撮られては困るから、というのか主な理由です。

また、フードファイターは自分の思っている以上に食べてしまい、食後に一気に吐き出す過食嘔吐という症状を有している人も少なくありません。ですので、当然テレビには映りませんが、彼らがトイレで吐いていることもしばしば見受けられるのです。会場によっては、フードファイターのすぐそばに嘔吐用のバケツが用意されている会場もあるほどです。

 

過食嘔吐を繰り返すと、食べ物と一緒に胃酸も出てしまします。これにより食道に炎症が起きたり、胃酸のせいで歯が溶けてしまったりと言った症状が現れます。(酸蝕歯と呼ばれています。)フードファイターのもえあずきさんもこの酸蝕歯で苦しんでいたとも言われています。

 

 

またホルモンバランスも崩す原因にもなりますので、特に女性にとっては過食嘔吐は厳禁です。それによって無月経や月経不順、不正出血を引き起こしかねません。

 

このように私たちはテレビの前で「なんでこの人たちは太らないの?」とか「こんなに食べれるなんて凄い!」と応援しながら観ていますが、これらの症状に悩んでいるフードファイターも少なくないのが現状です。

 

でも、あれだけ食べて、このスタイルを維持できるのは、一般人の僕らにとってはやっぱりうらやましいですよね( ;∀;)

 

以上、大食い選手権を見に行った事がある友人がいるすだっちでした(*´ω`*)