すだっちのコージーライフ(cozy life)

周りから「女子より女子力が高い」とよく言われる「すだっち」こと須田祐樹です!健康やダイエット、病気や加齢対策など、自分で実践したり、周りが実践して効果があった為になる内容を書いていきます(*'▽')

スポンサードリンク

西野カナ流の6つのダイエットポイント!1か月でマイナス7キロ実現!

こんばんは!「すだっち」こと須田祐樹です(*'▽')

いつもブログを見に来て頂き有難うございます(*´ω`*)

 

今まで色々なダイエット方法をご紹介して来ました♪ でも全部のダイエット方法を併用しないで下さいね( ;∀;)どれかに絞って行って下さい!

 

今回の内容は、みんなのアイドルである西野カナさんが行ったダイエット方法です。(みんなのアイドルって・・・知らない人もおるやろ!ってのはナシで(笑))

 

 

西野カナさんはデビュー当時から結構太ったり痩せたりの繰り返しでした。太ったことによってファンからや事務所からもダイエットを命じられたとのうわさもあるほどです。

ではどうやって痩せたのでしょうか?

 

 

ダイエットその①:18時以降の食事を禁止

f:id:selvege:20170505181901j:plain

これは僕が海外に住んでいた時にも行っていたダイエットです。僕の場合もだいたい18時以降には食べないようにしていたのですが、痩せることもなく太ることもありませんでした。基本的に日本食と違い、外国の食事は量が半端ないですから、太らなかっただけでもOKとしています(*´ω`*)友達らは半年ほどで5kgアップは当たり前、10~15kgアップというツワモノもいました(笑)

このダイエット方法は以前、倖田來未さんも行っていた方法ですね!

夕食を摂る時間が遅くなればなるほど、食べたものが余分なエネルギー(脂肪)として体内に蓄えられるので、出来る限り早い時間に夕食を済ますことがダイエットの1歩です。

 

ダイエットその②:一切間食はしない

f:id:selvege:20170505181912j:plain

きちんと自分の1日の摂取カロリーを計算していた西野カナさん。夕方ごろにはたいていお腹が空いてくるものですよね?1日3食キッチリ食べていたとしても、間食の誘惑に負けちゃう人も多いんじゃないでしょうか?

西野カナさんは摂取カロリーを考え、全く間食をしなかったそうですが、我慢しすぎることによってそれがストレスになって、「ストレス太り」なんてことになっても本末転倒です。どうしても空腹を我慢出来ない時は、カロリー控えめな食べ物を食べて下さいね。

目安としておやつは100キロカロリーまでならそこまで問題ありません。(普通に1袋のお菓子を食べると200キロカロリーから、中には500~600カロリーもあるお菓子もあるので気を付けて下さいね。)

 

ダイエットその③:ライトジョギング

f:id:selvege:20170505181926j:plain

ライトジョギングとは、速足で歩くよりも少し速い程度で走るジョギングです。かなり軽めのジョギングで、走りながら携帯で電話出来るぐらいのスピードです。無理してガンガン走ってしまうとそれこそ有酸素運動にならないので、脂肪燃焼効果が薄れます。(筋力アップという点ではいいんですが・・・)

軽~くジョギングをすることによって有酸素運動を行い、走った距離ではなく「走った時間」を優先させてジョギングを行っていたそうですよ。

西野カナさんは自分の歌を意識しながら走っていたとも言われています。是非(興味のある人は)西野カナさんの歌を聴きながらジョギングしてみて下さいね♪

 

ダイエットその④:ヨーグルトを食べる

f:id:selvege:20170505181942j:plain

ヨーグルトには腸内善玉菌を増やし、腸内悪玉菌を減らす効果があるのは有名ですよね!腸内菌は多い方に軍配が上がるとも言われています。

善玉菌が増える事によって腸の動きを活発にし、便秘を解消する効果があります。

悪玉菌が増えると便秘の原因になるだけでなく、血液がドロドリになり、新陳代謝が落ちてしまいダイエットの妨げになってしまいます。

また、多くのカルシウムを摂取する人は脂肪の排出が多いという研究結果が報告されているのもヨーグルトダイエットの効果を裏付ける証拠です。

 

ダイエットその⑤:オリーブオイルを摂取する

f:id:selvege:20170505181951j:plain

オリーブオイルには酸化に強いオレイン酸やリノール酸という成分が含まれており、このオレイン酸は血液をサラサラにしてくれる働きがあり、コレステロールや中性脂肪値を下げてくれます。ポリフェノールも豊富に含まれているので、アンチエイジングにも最適です。

また、食事前に少量のオリーブオイルを飲むことで食欲を抑える働きがあるのも有名です。ただし、オリーブオイルも色々な種類があるので、出来ればエクストラバージンのオリーブオイルを使うのが効果的とされています。

ただし、オイルはオイルなので、飲み過ぎによってカロリー過多になったり、お腹を壊したり胸やけする可能性はありますので、摂取量には十分注意して下さいね。

 

ダイエットその⑥:野菜中心の食生活

f:id:selvege:20170505182006j:plain

ダイエットの基本中の基本ですね。野菜には食物繊維が多く含まれています。食物繊維は腸内の老廃物を排出したり、血中コレステロール値をコントロールする働きがあります。

また野菜を多く食べることで血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。血糖値が急激に上昇すると、大量のインスリンが分泌され、食べ物から糖分を吸収しようとします。そして余った糖を脂肪として蓄えてしまいます。野菜を食べることで余分な脂肪を溜め込みにくくするという事ですね。

以下にオススメ野菜を紹介しておきます。

 

キャベツ

f:id:selvege:20170505182016j:plain

食物繊維が豊富な上に、野菜炒めや焼きそば、お好み焼きやスープなど、レシピも豊富ですね。

 

レタス

f:id:selvege:20170505182025j:plain

レタス=食物繊維という先入観があるかもしれませんが、レタスには食物繊維以外ににもビタミンB1が多く含まれていて、糖の代謝を促すことが出来ます。

 

トマト

f:id:selvege:20170505182033j:plain

トマトは食物繊維の他にリコピンやポリフェノールを多く含んでいます。リコピンは血中コレステロールの酸化を防ぐ効果があり、脂肪燃焼を促すことがわかっています。

 

もやし

f:id:selvege:20170505182043j:plain

もやしには食物繊維やビタミン、そしてミネラルが豊富に含まれていますが、カロリーがめちゃくちゃ低いです。さらに値段も安い!ダイエットには最適ですね。

 

きゅうり

f:id:selvege:20170505182052j:plain

きゅうりにはホスホリパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素が含まれています。栄養価は低いですがカロリーも低く、脂肪燃焼酵素を摂取出来るのでオススメです。

 

ブロッコリー

f:id:selvege:20170505182102j:plain

ブロッコリーは余分なたんぱく質を排出してくれるビタミンB1が多く含まれています。そのため脂肪が付きにくい体質に変えてくれる効果が期待できます。

 

アボカド

f:id:selvege:20170505182114j:plain

日本ではあまり食べられないアボカドですが、海外では大人気です!僕もシェアハウスに住んでた時なんか、しょっちゅう勧められました(ビールもガンガン勧められましたが、向こうのビールは高いんですよ(泣))

このアボカドには食物繊維も含まれているのですが、不飽和脂肪酸もたくさん含まれています。不飽和脂肪酸は体内に余分な脂肪を溜めにくくする効果があります。

 

きのこ類

f:id:selvege:20170505182123j:plain

きのこ類には特に多くの食物繊維が含まれています。カロリーも低い物が大半なので、積極的に食べたい野菜の1つです。

 

さいごに

西野カナさんは夕食の時間を決めて、間食をしなかっただけでなく、これらのダイエットメニューを平行して1か月で7kgも痩せたんですね!

お菓子の誘惑や、夕食以降の空腹は耐え難いものがあるかも知れませんが、7kgと言わなくとも数キロ痩せた自分を想像しながら「西野カナ流ダイエット」に取り組んでも良いかもしれませんね♪

以上、すだっちでした♪

今日も最後まで見て頂き有難うございます(*´ω`*)